イベント情報

2013年01月25日

おはようございます、醸造部新米の林 英達です。

先日、第六回目の「ワイン食堂 in カタシモワイナリー」が開店しました。

image


寒い中お越しいただいたお客様、
ありがとうございました。


先週末には雪がチラついたりと気温は低めで、今回は少し天気が心配だったのですが、

畑散策を始める頃には日も出てきて、上着を脱いで登るくらいに暖かくなりました。

やはり、大阪と言えど山辺は寒いですね。
市内から通ってるのですが、温度差を感じます。

先日は雪のチラつく中、畑の作業をしてたのですが、カイロが全く意味をなさないくらい寒かったです。
靴用カイロも忍ばせていたのですが、もはやただ分厚いだけの中敷きと化してしまいます。

だから、畑散策もどこまで行こうか迷ったのですが、暖かくなったおかげで、いつも通りに上まで行けて良かったです。



さてさて、それでは今回のメニューを紹介させていただきましょう。


今回は、本町にある
ワイン&チーズ専門店 ファンヴィーノさんにメニュー提案していただきました。

たまたまショップに行った際に、新しく入荷したチーズを色々と試食させていただきまして・・・


何種類も紹介されるうちに、
「決まってなかったことやし、次のテーマは“チーズ”にしよう」
ってことで、ワインリストを渡してチーズのセレクトを依頼しました。

生ハムのムース
ギリシャ風マリネ
ルミエール(熊本 白カビ)

image


ルミエールは、絨毯のようなふわっと表面とハッキリした酸味と優しい口当たりと味わいのチーズで、泡ものには合うということでした。




ウドとプチブルー(北海道 青カビ)
りんごとコバン(長野 白カビ)
インカの目覚めとラクレット(北海道 ハード)
菜の花と鶴居ゴールド(北海道 セミハード)
ナッツとカマンブルー(北海道 青カビ)
なっち(大分 紫蘇の葉で熟成させたフレッシュタイプ)

小豆島産のオリーブを添えて。

image


・ウドは、浅めのピクルスに。
・りんごは、スライスしてチーズを上に。
・インカの目覚めは、5時間ほど蒸したものを、仕上げにチーズを乗せてオーブンに。
・菜の花は、辛子和えに。
・ナッツは、ドライフルーツと合わせて蜂蜜漬けに。



上記のチーズも、
「このチーズには、どんな野菜がいいですか??」と、
一品ずつ聞きながらメニューを組みました。



牛すじと大根煮
ちぢみほうれん草とチーズのクリームソース

image


牛すじは赤ワインと醤油で一晩煮込みました。
その出汁で大根をさっと炊いて、ゆっくり冷ましながら味を入れていきました。

ソースには、グリュイエールというチーズフォンデュにも使われるハードタイプのチーズと、
タレッジョというウォッシュチーズを使い、
濃厚に仕上げました。

このチーズも、レシピだけ伝えて
「〜なら、どのチーズですか??」
と、まさにおんぶに抱っこでした。

ファンヴィーノさん、ワガママ言うてすいませんでした。
おかげさまで、とても楽しい会になりました。



次回のテーマは「春のおとずれ」です。
市場には今、冬野菜と春野菜が共に並んでいます。
ちょうど、季節の入れ替わり時期なので、二つの季節の“いいとこ取り”ができればと思います。

2月24日(日) 11:30〜OPENです。

改めまして、今回お越しいただきましたお客様、ホントにありがとうございます。

katashimowinerykatashimowinery at 06:38│

2013年01月20日

おはようございます、醸造部新米の林 英達です。

先日、密やかに第五回目の「ワイン食堂 in カタシモワイナリー」が開店しました。

密やかに・・・って言うのは、今回は一般応募ではなく、

飲食店時代の同僚からワイナリー見学会の依頼がありまして、
色んな飲食店の方に集まっていただき開催しました。

さすがは、飲食店の方といいますか?

質問が多い!!

クレームじゃないですよ、決して!!!


一つ説明すると、「ふ〜ん。」では終わらず
「という事は・・・??」
と質問が返ってくる。

説明すればするほど、質問で返ってくるその圧力というか、良い意味での欲張りさは勉強になりました。
とても刺激的な会になり、普段とはまた違う楽しさがありました。

ありがとうございました。

image




さてさて、それでは今回のメニューを紹介させていただきましょう。


なんですが・・・。


実はと言いますと、話しに夢中になるあまり、
写真を一枚も撮ってないという失態を犯してしまいまして・・・。


しかもお客さん方も同様に、話しに夢中で撮ってなかったみたいで、
かろうじて前菜の写真はいただけたものの、他の料理の写真はありません。

申し訳ないです。



前菜盛り合わせ
生ハムのムース
つくねと白菜の重ね蒸し
旬菜のギリシャ風マリネ
きのことクリームチーズのパテ

image



じゃがいものバター煮
〜アンチョビとセミドライトマトのソース〜


前回に使った味の濃いじゃがいもがなく、ごく一般的なメークインを使用しましたので、
ソースはニンニクと生クリームも使い、味噌のような濃厚なものにしました。


骨付き鶏ももの赤ワイン煮と
スイートマッシュポテト

骨付き鶏ももを赤ワインと野菜で一晩漬け込み、
野菜ごと、じっくり煮込みました。
野菜を一度、バターで炒め直してから煮込み、八丁味噌を少し加えるとデミグラスソースのような仕上がりになりました。


文章だけで料理を伝えるって難しいですね、写真があればわかりやすいのですが・・・反省
.・゜゜・(/。\)・゜゜・.



本日も、「ワイン食堂」オープンです。

よろしくお願いします
v(´∀`*v)


katashimowinerykatashimowinery at 07:56│

2012年12月20日

おはようございます、醸造部新米の林 英達です。

先日、 第四回目の「ワイン食堂 in カタシモワイナリー」が開店しました。

image



お越しいただきましたお客様、ホントにありがとうございます。

また今回、抽選でハズれた方々は、大変 申し訳ありませんでした。





私が以前に勤めていたのは梅田の一等地にある、地酒と焼酎のお店でした。


BOSSと呼ばれる名物的存在のマスターと、女将さんがいる、
カウンターだけのお店でした。


料理もお酒も美味しくて、とても評判良かったのですが、
このBOSSと女将さんが創り出す雰囲気が好きで通う方が大半でした。

おしゃべり上手なBOSSと、
「ただいま」と思わず言いたくなるような絶妙な距離感を持つ女将さん。


気がつけば、
お客さん同志も話し始め、
店の中全員が顔見知りのような、
心をほぐされる空間でした。



何てことない会話と、美味しいお酒と料理。


お酒が創る、人と人とのつながり。。




店を持ちたいと思うようになったのは、
ただ単に「こんな空間が好き」って理由です。


今回のワイン食堂は、
ワインを通じて人と人とがつながる、そんな楽しい空間でした。


その輪の一員でいれたことが嬉しくて、至福の時でした。


本当にありがとうございます。



さてさて、それでは今回のメニューを紹介させていただきましょう。


砂ずりと牛蒡のコンフィ
つくねと白菜の重ね蒸し
〜あっさりめのクリームソース〜
柔らか胸と里芋ピュレのミルフィーユ
甲州に漬け込んだプチトマト

image



手羽と大根のポトフ
〜フロマージュフレのタルタルで〜

image


ポトフにタルタルを混ぜて食べるのは我が家では定番なのですが、
実は一般的ではなかったんですね・・・??





ももローストの軽いデミグラス煮込み

image



チーズを巻いた鶏ももをオーブンで焼いて、デミグラスソースに漬け込みました。




今回のメニューは・・・

image



広げると

image


このツリー風なのは
"無添加ベリーA新酒"のボトルをふちどって、
今回使用した芽キャベツの写真を当てはめました。


少しはクリスマス気分を味わっていただけたでしょうか??



次回のテーマは「チーズ料理」です。
バールで勤めていた頃から通ってたチーズ屋さんに、カタシモのワインに合うチーズをセレクトしてもらい、そのチーズを使った料理を提供させていただきます。
1月20日(日) 11:30〜OPENです。

毎回、多数の応募ありがとうございます。
抽選という形になってしまって、本当に申し訳ありません。


改めまして、今回お越しいただきましたお客様、ホントにありがとうございます。


katashimowinerykatashimowinery at 06:09│

2012年11月20日

おはようございます、醸造部新米の林 英達です。

先日、 第三回目の「ワイン食堂 in カタシモワイナリー」が開店しました。

image


お越しいただきましたお客様、ホントにありがとうございます。

また今回、抽選でハズれた方々は、大変 申し訳ありませんでした。





おかげさまで三回目を迎えた「ワイン食堂」。。。


毎回、メニューの表紙を変えてるのです・・・実は。


第一回目は、過去に行われたイベントの模様をグラデーションにして表紙にしました。

image


前回は「きのこ」がテーマだったので、きのこでドット柄っぽいのを描いてみました。

こんな感じ・・・

image



そして今回なんですが、「根菜」がテーマなので、色んな根菜の断面でデザインしようかと思ってたのです。


ということで、仕込みをしながら今回つかう野菜の断面をケータイで撮影、撮影。


パソコンに画像を取り込んで、編集しようとしたら、
サイズを間違えて蓮根の断面が全体にドーンッ!!


ところが、案外コレがなかなかイイ感じになったので、
そのまま表紙にしてみました。

で完成したのが、コレ。。。


image



広げると・・・

image


ちょっとした遊び心でした。






さてさて、それでは今回のメニューを紹介させていただきましょう。



根菜のギリシャ風マリネ
里芋でポテサラ
梨と人参のラペ
百合根のマリネ
〜柏原ぶどうドレッシングで〜

image


じゃがいものバター煮
〜アンチョビとセミドライトマトのソース〜

image


北海道産の「レッドムーン」というじゃがいもを使いました。
見た目はサツマイモに似た、味も濃くて甘味のある品種です。

このレッドムーンを、煮崩れしないように、
煮る→蒸す→煮る→蒸すを約8時間ほど繰り返したので、
じゃがいもの旨味を損なわずに、優しい味わいになりました。



根菜とパンのスープ

image


写真を取り忘れてしまったので、お客様にメールしていただきました。
ありがとうございました。


根菜の煮込みハンバーグ

image


そして〆は、お馴染みグラッパチョコレート



次回のテーマは「チキンと冬野菜・・・と新酒」です。
12月16日(日) 11:30〜OPENです。

毎回、多数の応募ありがとうございます。
抽選という形になってしまって、本当に申し訳ありません。

出来るだけ多くの方に参加していただけるよう、今後も色んな企画をしますので、よろしくお願いします。


そして、今回の開催にあたり色々とアドバイスいただきました、
住吉区 炭火焼とり 安喜さん

岸和田市 ボンヴィラージュ・オゼさん

貴重なご意見、ありがとうございました。
おかげさまで、満足していただけるような催しが出来ました。
機会がありましたら、またご一緒させていただきたく思います。


改めまして、今回お越しいただきましたお客様、ホントにありがとうございます。

katashimowinerykatashimowinery at 07:39│

2012年10月16日

おはようございます、醸造部新米の林 英達です。

先日、 第二回目の「ワイン食堂 in カタシモワイナリー」が開店しました

image


image



お越しいただきましたお客さん、ホントにありがとうございます。

また今回、抽選でハズれた方々は、大変 申し訳ありませんでした。





最近になって発覚した事なのですが、僕はどうやら雨男らしいです


家族で出かける時に雨が多くて、いつも妻のせいにしてました。

しかし、ここのワイナリーで僕が参加したイベントは雨が多いので、「もしかして雨男・・・??」という疑惑が浮上してます。

前回のワイン食堂も僕が帰るころに雨が降りました。

8月にあったジャズコンサートも雨でした。

6月のピクニック・・・


あっ、先月の大和川河川敷で行われた柏原市のイベントにも参加させていただいたのですが、これまた雨でした。


だから、今回のワイン食堂もかなり不安だったのです。

天気予報は晴れ!!
降水確率も0%!!!





なのに、空には真っ黒な雲。。。





ほんの一瞬とはいえ雨がパラついた時はどうしようかと思いましたが、お客さんが「こんなん降ったうちにはいらん!!」
とフォローしていただき涙あふれそうになりました

色々と心配かけて、すいませんでした。



さてさて、それでは今回のメニューを紹介させていただきましょう。

マッシュルームのムース
塩漬け豚としめじのパテ
椎茸とクスクス

image


ホタテとエリンギのカルパッチョ
〜柏原ぶどうドレッシングで〜

image


せせりときのこのニョッキ
〜たっぷりチーズのクリームソース〜

image


牛すじときのこのデミ土手煮

image



せっかくの機会なので、おウチで簡単に肉をトロトロに煮込む方法を公開しました。

〆のグラッパチョコレート

image


前回とクリームの立て方を変えて、食感を変えました。


そして今回も、ぱん処ちどりさんにご協力いただき、料理に合わしたパンの2種を添えました。
見た目も味も、強いインパクトを与えてくれました。


次回のテーマは「根菜」です。
11月18日(日) 11:30〜 OPENです。



雲行きは怪しかったですが、なんとか最後までもって良かったです。
次回こそ、晴天で心地良い畑探勝になるよう祈ります。


ありがとうございました。


katashimowinerykatashimowinery at 06:42│