2012年07月10日

acbcf03f.jpg
12
ミッシェルとアランは以前から日本のワインとお料理を合わせる第一人者の一人だと思っています。

今日はそのお二人がなんとタコ焼きに挑戦しました。

タコ焼きは家庭で簡単に出来るのですが、いざ商売としてのタコ焼きとなるとそうは簡単には行きません。ましてや、一挙に十種類揃えて、たこシャンに合わせるイベントをやってのけました。

img062



また、当日の来賓が日本コナモン協会会長の熊谷真菜先生や公認会計士の先生方その上に超有名人の志縁塾の大谷由里子先生等えらいことになりました。


さてさて、お酒はたこシャンのみ、飲み飽きるのではないかと心配。しかしその心配は何時しか消えていました。

タコ焼き美味しい、美味しい、美味しい、タコ焼きの美味しさに助けて頂きました。なんと、24人でフルボトルのたこシャン24本とマグナムたこシャン二本が無くなりました。


素晴らしい!

ちなみに一番人気のタコ焼きは四番目のペペロンオイル鷹の爪、ニンニク、オリーブオイル、のタコ焼きでした。コナモン協会会長認定タコ焼きは二番目のイギリス産海塩フレークと自家製山椒オイルタコ焼きでした。

私はこれが、一番たこシャンにバッチリだと思っています。


皆さん本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

最後にやはりと思うことがあります。タコ焼きにたこが入っていれば、必ずたこシャンに合う!


katashimowinerykatashimowinery at 19:18│モブログ │