カタシモワイナリーご来社

2011年01月19日

山形や新潟から、ブドウ栽培農家の皆さんと岩の原葡萄園の方々が来て下さいました

昨年社長が「二十年以上欧州系ぶどうの栽培経験のある方々との情報交換です。いかにして高品質のワイン用ぶどうを作りつづけるか。その流通方法と安定的栽培についての勉強会」(過去のブログより引用)に山形にお邪魔しましたが、そのメンバーがなんと大阪まで来てくださったんです

畑を歩いていただきながら、栽培の取り組みや具体的な方法をご説明。

20110117

その道すがら、
「キレイだね〜。いいね〜キレイだね〜
と、木をナデナデ愛でてくださいました(笑)
と言うのは、自社畑合名山(ごうめいやま)のブドウの木の皮をむいているのですが、雪国だとなかなか皮をむくところまで手が回らないそうです。
大阪のように冬の間中畑作業が出来るわけではなく、今ではもう1メートル程雪が積もっているそうなので
更に畑や道路の傾斜
「雪が積もったら無理だね」
うーん、想像したことすら無かったですが、確かに車でも徒歩でも上がれなくなります。

弊社の考え方や方向性をお話しつつ、いろいろなお話を伺えました。
大変有意義な、そして楽しい1日でした

過去ブログ 山形天童に来ています

担当:見習い
(今日はデラウェアを切ってきました次に狙っているのはカベルネソーヴィニヨンです。)

katashimowinerykatashimowinery at 00:21│

2010年11月29日

まさかのお客様です。
レストランハジメ(Hajime Restaurant Gastronomique Osaka Japon)様がお越しくださいました
正直、最初にお話をいただいた時にはみんなで耳を疑いました。
そして湧き上がる疑問・・・

「なんで?」

どうして弊社のことをご存知なのか・・・
なんと、商品をお店でお使いいただいているそうです
ありがとうございます

テイスティングルームで少しお話させていただいた後は、畑をご見学いただきました。
そう、弊社の急勾配の合名山です。
息を切らせながらも爽やかな山登りをしていただきました
この秋初めてのタンポポも咲いています。

20101129_タンポポ20101129ハジメさん

たくさん興味深いお話を聞かせていただきました
お忙しい中、ありがとうございました。また畑を見に来てくださいね

担当:見習い
(お昼はちゃんこ鍋定食でした 笑)

katashimowinerykatashimowinery at 16:26│

2010年11月16日

中小企業診断士さんと言うのは、数年に一度研修を受けるシステムになっているそうです。

弊社とは全然関係なさそうなお話ですが、なんと、ウチを題材にしてくださることにっ
3名の先生方が来てくださいました

みんなで集まって「強み」「弱み」「追い風」「向かい風」を付箋に書いていきます。
知的財産がどうの・・・とのお話なのですが、そんなことは忘れてみんなでガヤガヤ楽しくしゃべりながら模造紙に貼って・・・。
(醸造が参加できなかったのが残念です

小学生の時にやったグループワークを思い出します。
2時間ちょっとの予定のはずが1時間で完了

合計6回あるそうです。

どんな風に仕上がるのか、楽しみです

20101116_研修

担当:見習い
(今日は少し傾斜のある場所での検寸(液面の高さからタンクに入っている液量を計算する為の作業)をやらせてもらいました。
見習「2mmくらい間違えたかも・・・
社長「2mmゆーたら2.5リットルくらい変わってくるんや
検寸くらい一度でバチッと決めなければ
(予防接種、平気な方々の方が多いんですね、大人ですね、羨ましいです。)

katashimowinerykatashimowinery at 16:39│

2010年08月29日

17f5a741.jpgフレンチレストランポアチエLAVIgNEのお客様20人がワイナリー見学とレストラン主催のランチパーティーに来園されました。酷暑の中1時間半もぶどう畑を歩き、9種類のぶどうを試食しながら山の中腹にある会場まで登ってきていただきました。皆さん体力限界近くの到着です。本当にやれやれ一人の脱落者もなく到着です。最初にデラウェアのスパークリングの乾杯で元気を取り戻し食欲も戻ったところでランチスタート。暑さも忘れさせてくれるおいしい料理とワイン、健康が何より一番、飲み過ぎに注意して、酷暑の夏を楽しみましょう。


katashimowinerykatashimowinery at 19:51│
f642be95.jpg2003年3月カハラレストランのお客様80人でメルロを植樹し今年で7年、ずいぶんぶどうの木も大きくなってきました。今年も恒例の収穫に森オーナーが来園されました。今年は、酷暑の中の収穫です。心配していましたがびっくりする程の気力と体力、気温37度のなか楽しく作業をもくもくとされています。素材の開発や調理方法などまだまだ精力的に頑張っておられるのも理解できます。私も、もっと頑張りながらも楽しく仕事ができるような高い次元に到達したいものです。


katashimowinerykatashimowinery at 18:51│