修行記

2013年05月08日

大人気で毎回抽選の『林 英達のワイン食堂』。
毎回レポート記事はアップしていますが、ワインの掲載がない。あれれ〜。
と言うことで、前回分より追記しました
HP未掲載商品については一番近いものを。

こだわり料理人のつぶやき・・・??vol.9

来ていただけなかった方、遠くて来られない方、ご参考にしてみてください

見習い


katashimowinerykatashimowinery at 11:11│

2013年04月16日

シャルドネが植わっている急勾配の畑(合名山東畑北)。

20130416_3

昨年冬の豪雨で崩れました
工事の方法を業者さんと最終確認してきました。
20130416_2


縁に経つと、その急さがよーくわかります。
土手すべりもできない急峻さ(笑)
他の地域のぶどう農家さんが来られたら、何でこんなところで・・・と感動されます。
20130416_1

毎年毎年あちこち崩れます。
100年以上この繰り返し、もう土砂崩れはこりごりです

担当:見習い

katashimowinerykatashimowinery at 11:29│

2013年04月12日

ご無沙汰しております、見習いです

3年程前に「サロンのテラスに棚を作ってぶどうを植えたい」と言う突拍子もないお話をくださった心斎橋のリロ・イン・ベベさん。
頭の中「???」状態でベビーカーを押ながら現場を確認に行きました。
このこときっかけとなり、街中に苗木を!とぶどうの苗木1000本プロジェクトに成長しました。
ぶどうたちは今年も立派に芽を出していました

20130411_1

HPではちらっとぶどうがなっている写真も
20130411_4

早速社長が芽かきです。畑のぶどうよりも、わずかに成長が早い!なぜなんでしょう。驚きです。
20130411_2

ちなみに世界一のエコサロン(rolland ecosustainable contest 2013)としてグランプリを受賞されました
20130411_3

環境への影響に配慮した設備・システム、サスティナブルエコデザイン、オーガニックな施術、そしてエコに関するサロンでの活動などが審査基準です。
このぶどうの木とジュースも少しお役に立てたそうです
めちゃくちゃ嬉しいです

同じく第一号の心斎橋のボールさんの木も着々と成長中。
20130411_6

いくつか芽かきは必要なものの、芯を一本通す完璧な仕立て方にしてありました!
社長が「完璧やなぁ〜」とつぶやく仕上がりです。

20130411_5

大阪の中心でぶどうの木に出会うとほっとします
これからも元気に育ってくれますように

担当:見習い


katashimowinerykatashimowinery at 12:07│

2012年04月09日

5月の第2週は母の日。毎年悩ましいですね。
うちの製造メンバーにはママさん達がいっぱい。
ならママに聞いてみよう〜と言うことで、アンケートをとってみました。

ズバリ、「ウチの商品で母の日に欲しいものは?」。

1位 赤ワイン梅酒
<理由>大好きだから!器械栓で少しずつ飲める。
今からの季節、ストレートやロックでも炭酸で割ってもおいしい♪
(見習注:スタッフだけでなく、ワイナリー見学に来られた方々、試飲会、どこでも女性には絶大な人気があります

2位 ナイアガラ にごりワイン 
<理由>ボトルは地味ながら、華やかな香りと酸味、少し甘い口当たりが好き。
(見習注:あまり目立たない商品なのにまさかの2位今年の新作です。にごり仕上げでぶどうのおいしさをしっかりと残してあるところが、スタッフの間で人気の秘密です

3位 以下3商品です。

天使の果実
<理由>甘口で香りも良く、デザインも可愛い。
プレゼントしてもらいやすいお値段。
ナイヤガラと2本セットで欲しい

氷結ワイン 大阪産デラウェア
<理由>おいしいだけじゃなく、デザインがキレイ。
大阪産のブドウが原料なのがいい。
母の日はいつもの辛口ではなく、やわらかい甘めのワインが欲しい。

国産マスカットベリーAジュース(無添加)
<理由>小さい子供と一緒に飲める。
作るのは大変だけど、普通のジュースとは一味違うおいしさを子供にも楽しませてあげたい。
(見習注:うちの娘も大好きです

せっかくなので、自分用にメッセージカードも作ってみました。
和紙です。にじんだカーネーション、グラデーションのグリーンがいい感じに出来上がって満足です(笑)
母の日001

大きさは 62mm×94mm(実寸) の名刺サイズ。
通販でお買い求めの場合、よろしければ付けさせてもらいますよ?
私とお揃いですけど
備考に「母の日メッセージカード希望」とお書きの上、メッセージをお願いします。

番外編で、「ひやしあめ」(生姜が冷えに効くから。お湯で割ると暖まる〜)ってのもありました(笑)

今年のプレゼントの参考になれば嬉しく思います。

担当:見習い
(ウチは「赤ワイン梅酒」にしますこの前のたこ焼きパーティの時に「たこシャン」を皆に飲まれてしまい『一口しか飲めなかった』と怒っていたので「たこシャンも」。)


katashimowinerykatashimowinery at 16:20│

2012年02月07日

ご無沙汰しています。
営業の山本が、新しくブログを開設したりメルマガを発行したりと活躍していますが、ワタクシもちゃんと生きています。

さて。

弊社が製造するスパークリングワインはすべて瓶内発酵です。
瓶内発酵では、文字通り瓶の中で発酵させて酵母菌がアルコールと炭酸を作ります。
その後、瓶をさかさまにして1〜2ヶ月くるくる回して澱を瓶の口に集めて、首を凍らせてデゴルジュマン(過去ブログ。瓶の口を凍らせている写真有)と言う作業で1本ずつ澱を飛ばしてドサージュ(補液)してetc・・・と大変手間のかかる作業をした後に出来上がります。

↓詰めたてホヤホヤの濁った状態。コレを発酵させます。
110902


で。ちょっと気になったので・・・。

普通はやらない、デゴルジュマン(澱飛ばし)をする前の発酵させただけのワインを飲んでみました試しに飲んだのは、この秋に詰めた2011年度収穫のたこシャン750mlです。
どうなると思いますか?
よーく冷やしていましたが、想像通り、澱と反応して思いっきり噴きました
タオルをたくさん用意して、開けた瞬間に蓋ができるようにシャンパンストッパーも準備しました。
それでもテーブルの上はグチャグチャです
一人祝勝会気分意味もなくテンションが上がります(笑)

濁り加減も、普段のたこシャンは、この透明度なのですが、当然のことながら詰めたてホヤホヤの上の写真と同じ状態。
IMG_9490


なんだかめっちゃ栄養がありそうな感じ

澱には酒石酸も含まれていて、それだけを食べると口の中がザラザラし続けるので心配していました。
が、スパークリングワインとして飲む分には全くザラザラは感じず。
うちのスパークリングワインの澱を単体で食べる場合は、意外と澱の香りは少ないのですが、泡と一緒に上がってくる為か少し澱の香りがしました。
(↑以前スパークリングワインの澱を拾って黙々と食べていたら、社長に呆れられて口をきいてもらえなかった悲しい思い出アリ

結論。
たまにはデゴルジュマン前のスパークリングもいいけれど、普段飲むにはデゴルジュマン後の方が絶対にいい
テーブルがビタビタにならないしね

あの恐ろしく手間のかかる作業の有り難味を実感できた実験でした


担当:見習い
(この春?出荷予定の2011年のたこシャン、この実験にかこつけて誰よりも早く飲みました
今はまだ澱下げ中ですが、デゴルジュマン後のも早く飲んで、香味の違いを比べてみたいです。)

katashimowinerykatashimowinery at 14:02│