イベント情報

2017年03月16日

おはようございます、醸造部の林英達です。

先日の土曜日、中崎町にあるジビエとワインの店「カチャトーレ ヤマガミ」さんにてワイン会を行いました。

IMG_8315


IMG_8314


猟師の資格をお持ちのオーナーシェフ山上さんのジビエ料理は香りがとても魅力的で、その香りだけでワインが飲めてしまうほど(笑)

IMG_9115


ジビエとは、狩猟によって食材として捕獲された野生の鳥獣のことを言います。

野生鳥獣の肉は養殖のものと違い自然の中を生きているので、脂肪が少なく引き締まり、栄養も豊富だそうです。

ジビエと言うと、やはり「クセ」が気になるところですが、
山上シェフは猟師でもあるからこそ、鮮度も質も良いものを仕入れていますし、
さらに肉の特徴もしっかりと理解していて「クセ」を消すのではなく「旨味」へと変換してくれます。

ジビエが持つ独特の香りと旨味を野菜の甘みが上手に引き立て、ワインと合わせることでさらに、その余韻が深まります。

今回のメニューをご紹介します。

ジビエの前菜盛り合わせ
猪の生ハムと苺
鹿もも肉のロースト 燻製塩で
猪のパテ ドゥ カンパーニュ バルサミコソース
猪のレバーと野菜のペーストのブルスケッタ
鹿と猪のソーセージ

IMG_9111


生パスタ
ジビエのラグーソース リングイーネ
猪肉と香味野菜をトマトでじっくり煮込みました。

IMG_9114


メイン
鹿もも肉とハツとレバー入りクロケット トマトソースで
ジビエのブイヨンで炊いたお野菜とともに

IMG_9113


ワインはこのようなラインナップです。

IMG_9107


ジビエとワインが織りなす色彩に魅了された素敵な空間でした。

冬のイメージがあるジビエですが、季節ごとに美味しいジビエがあるそうです。
「夏ジビエ」の会の開催も予定していますので、是非ご参加ください(о´∀`о)

katashimowinerykatashimowinery at 07:06│

2014年01月07日

あけましておめでとうございます、醸造部新米の林 英達です。



ワインの仕込み期間でお休みさせていただいてました“ワイン食堂”ですが、
今月から再開します。



そもそも“ワイン食堂”とは、、、


私 林 英達は入社三年目で、普段は醸造部として工場での作業に励んでいますが、
前職は料理人であります。

その経験を活かし、料理人としての観点も交えつつワイナリーの魅力を伝えればと思い、
始めさせていただきました、
カジュアルなコース料理付きのワイナリー見学会であります。




開催に先立ちまして、メニューを公開します。




・ブリの炙りに、魚介のおだしで炊いた大根

・かぶのポタージュ

・牡蠣と菜の花の酒粕グラタン

・地鶏の白い煮込み


上記に対しまして、様々なタイプのワインをお出ししますので、
お客様各々に合った組み合わせを試していただけるかと思います。
(仕入れの状況と、市場に行った時のテンションでメニューが変更する場合もありますので、
ご了承ください。)


皆様に、お会い出来るのを楽しみにしています。


=====================

◆林 英達のワイン食堂 【費用】 お一人様 3500円 (見学、料理、グラスワイン代込)

  1月12日(日) 11:30〜
 
=====================

2014年1月ワイナリー見学のご案内」をご確認ください。

katashimowinerykatashimowinery at 08:37│

2013年11月11日

ご無沙汰しております、醸造部新米の林 英達です。


工場は繁忙期のために「ワイン食堂」を長らくお休みしてて、本当に申し訳ありません。

にもかかわらず、カタシモフェスタでの出店が決まった途端に、
多数のお問い合わせをいただきまして大変、感激しています。

誠に、ありがとうございます。


今回、予定してますメニューは。。。


北新地にあります「焼鳥 YAMATO」さんから貴重な炭火焼台を頂戴しましたので、そちらを使わせていただき炭火焼を提供いたします。
(YAMATOさんありがとうございます!!)

20131111_やまとさん炭火焼台

(この写真はカハラワイナリー10周年記念イベントの際に撮影したものです。一番左側があの有名なレストランカハラのオーナーシェフの森さんです。)

・合鴨とアボカドの炭火焼
〜果皮(KAHI)を使ったソース〜

弊社のバリエーション豊かな“赤”に合わすなら、鴨が一番ではないかと思いました。

包容力のある鴨と、香りと奥行きのあるKAHIのソースとの組み合わせを楽しんでいただけると思います。


・椎茸ゴルゴンゾーラ

「ゴルゴンゾーラ好きは必ずいる!!」と考案したもので、飲食店時代から好評なメニューです。

椎茸を炭火焼にし、ゴルゴンゾーラをたっぷり使ったベシャメルソースで絡めます。

ゴルゴンゾーラ好きにはたまらない一品です。


・ジャガイモのバター煮
〜アンチョビとドライトマトのソース〜

ホイル焼きにして提供いたします、
木樽熟成の“白”を意識したメニューです。

ジャガイモが本来持つ旨味と、バターのまろやかを上手く繋いでくれることでしょう。


「ワイン食堂 in カタシモフェスタ」は
11:00〜オープン
です。
売切れ次第、閉店とさせていただきます。


尚、仕入れの状況と市場に行った時のテンションで、メニューに変更がある場合がございますので、
ご了承ください。


皆様のご来店、お待ちしています。


【カタシモワインフェスタ】
日にち:11月17日(日)
時間: 10:00〜16:00
場所: カタシモワイナリー本社

参加方法: お時間内にご来場して頂ければ大丈夫です。

参加費 無料。オリエンエーリング 無料(完走者にはワインやジュースを一杯プレゼント)

※ワインやお食事には料金が掛かります。


katashimowinerykatashimowinery at 09:42│

2013年06月10日

前回大好評だった『パン処ちどり』さんのランチ企画。

第2弾の開催されました!!

image


パン処ちどりさんは、ワイナリー見学のパンでお世話になっているパン屋さんです。
見学会の度に「おいしい!」「どこで売ってるの?」「もっと食べたいわ〜」と言うお声をいただいております。

『林英達のワイン食堂』では毎回、料理に合わせて特注でパンを焼いてくれてるのです。

今回も、弊社のワインとの相性がバッチリの『ちどり』さんに、パン屋さんが提案するワインランチを考えていただきました。


まずは前菜盛り合わせ

image


干しエビとブロッコリーのマリネ
きのこのマリネ

どちらもビネガーがしっかりときいていて、スパークリングをそそる味付けになってました。

それと、前回も好評だった鶏レバーのパテ。

そして、4種類のブルスケッタを順番にお出しするというパン屋さんならではのコース。
そのブルスケッタは、、、
ブルーチーズと小夏シロップ煮
蜂の巣とクリームチーズ
フムスとケッカソース
(ひよこ豆のピュレとフレッシュトマト)
鶏なんこつと炒め玉ねぎ

蜂の巣といってもホルモンじゃなくて、正真正銘の“蜂の巣”です。
image


冷製コーンポタージュに、野菜入りリュスティックのつけ

image


きのこのリゾットのせカンパーニュ

image



豚バラ肉のオイスター赤ワイン煮
image


これにはスペシャリテとして、3種のレーズンパンを用意していただきました。


パン屋さんならではの、パンをメインにしたコースを楽しんでいただけたと思います。



まだまだ勉強して、パンとワインのさらなる可能性を広げていきたいと思います。

今回、参加していただきましたお客様、
ありがとうございます。


katashimowinerykatashimowinery at 07:15│

2013年05月20日

  お隣、八尾にある有名フレンチレストラン「ボンシィク」さん。

ここのシェフの板東さんは、カタシモワイナリーの畑に毎週通ってくれてます。



もはや恒例になりました、板東シェフとの合同イベントが先日も行われました。


本来ならば、つい先日完成いたしました畑の中のテラスでの予定だったのですが、
天気予報に従い、
搾りで使う屋内スペースをレストラン仕様へと変えました。

image



image


まずはウェルカムドリンクとして、たこシャン マグナム。

こういったパーティー向きの、インパクトある一本です。



“シェフよりご挨拶の一皿 和の食材をフレンチで”

image


ヨコワのお寿司、鮎、トリ貝とじゅんさい、ハモと水ナスの前菜盛り合わせです。
飾りで敷かれているのは、もちろん合名山のぶどうの葉っぱです。
お洒落ですね〜。





これに合わせますは、
堅下甲州 合名山南西畑2012

日本酒のようなニュアンスも持つ、包容力のある優しい酸味と果実味が和の食材にマッチします。





“完熟トマトに詰めたズワイガニのサラダ
ハイビスカスとトマトコンソメのエキューム”

image


これには、
合名山シャルドネ2012 木樽内発酵

ワインの味わいは瓶詰めされても変化を続けます。
前日のテイスティングであまりに状態が良かったので、急遽ラインナップされました。


“オマール海老のソテーと、帆立とキノコのラビオリ
3種類のソースで”

image


これには、
たこシャン 250ml ロゼ

期待度が増す鮮やかな色。
きめ細かい泡とドライな味わいの奥にほのかに香る甘味が、魚介の旨味によく合います。




“シャラン産 鴨のロースト、フォアグラと焼きナスのテリーヌ
シェリービネガー風味 キャンディドルチェのドレッシング”

image


そして、
メルロ・マスカットベリーA2012

マスカットベリーAのふくよかな酸味から、木樽熟成されたメルロの力強い味わいへと、
グラスの中で、ゆっくりと変化していく様を楽しめる一杯です。


さらには、木樽から直接注がれたワインを楽しんでいただくサプライズ

image




“70℃でゆっくり加熱した、
黒毛和牛のヘレ肉とフランス産牛ロース”

image



合名山メルロ 2009

果実味豊かなメルロは木樽熟成により、フルーツいっぱいのロールケーキのような香りで、
少し嗅ぐだけで思わず口元が緩んでしまいます。

そして、口の中で溶けるほど柔らかいのにしっかりと脳裏に残る肉の旨味と、優しい樽の余韻が絡み合う幸せ・・・。


そして、デザートにはグラッパ デラウェア35°と赤ワイン梅酒を合わしました。

image



〆は、ぶどうの葉のお茶

image


合名山のぶどうの葉をゆっくりと煮出すと、茎や葉の渋みと酸味にほのかにぶどうの香りのする上品なお茶が出来ました。


あいにくの天気でしたが、それを感じさせない爽やかな料理で、会場は笑顔に満ち溢れていたように思います。


今後も板東シェフとは様々なイベントを企画行きますので、ご期待ください。


katashimowinerykatashimowinery at 05:44│