2019年04月12日

ぶどう栽培で重労働と言えば、草刈りと薬剤散布です。大阪のぶどう畑の殆んどは、山間部にあり、なかなか機械化ができません。ぶどうの発芽と共に草がどんどん伸びて作業が益々大変になってきます。以前からこの2つの作業をロボットにさせたいと思っていました。クボタさんから新発売されたラジコンの草刈り機第一号です。

kusakari

katashimowinerykatashimowinery at 14:51│モブログ | 栽培&製造