2018年08月26日

大阪は413ヘクタールのぶどう畑が今なお存在しますが、年々栽培者の高齢化とともに減りつつあります。大阪ワイナリー協会では、各ワイナリーが力を合わせて栽培放棄地を借り上げたり努力していますがなかなかうまく行っていません。そんな中、交野市の農の匠であり、また、農林水産水産大臣賞もお取りになった、ぶどう作り名人今堀肇さんがワイナリーの為にワイン用のぶどうの栽培をして下さる事になりました。うれしい🙏🙏🙏😄

DSC_0088
DSC_0087


katashimowinerykatashimowinery at 05:30│モブログ │