2007年01月14日

52dd6adf.jpg「今年植え付けられた堅下甲州ぶどう」


c0634466.jpg
今年も堅下甲州ぶどうの植つけをしています。このぶどうは、明治11年新宿御苑から大阪の藤井寺市にあった農業試験場に移植された甲州ぶどうのクローンです。樹齢約80年の古木から採取した芽を継ぎ木しました。山梨県の甲州ぶどうと比べると見た目はよく似ていますが、実の色は少し青白いピンク色で楕円形、粒の間隔は少し離れています。糖度は少し低めですが、酸はやや強めです。ワインになった時の香りは、柑橘系の果実の香りと吟醸香がまじりあったような感じがします。このあたりの風味は山梨県の甲州ぶどうのワインとは明らかに違っているように感じます。デリケートな味わいのぶどうなので収穫年によって香りも味わいも変わります。
ヴィンテージごとの味わいの違いを楽しむのもこのワインの醍醐味ですよ!
弊社のテイスティングルームや「直売所・ビッグワン」で一度飲み比べてみて下さい。
堅下甲州ぶどう
「秋に実をつけた堅下甲州ぶどう」


katashimowinerykatashimowinery at 12:39│栽培&製造 │