2014年11月18日

長年待ちに待ったビエンナーレがいよいよ太平寺で開催されます。
準備が始まりましたよ
太平寺の魅力をもっと発信したいと思っていましたが以前から役員さん方とのお付き合いの中から実現する事ができました。
太平寺地区はまだ54軒の古民家が残っており、柏原市の国民的財産です。
この地域をいかに守って行くかが大きな課題です。
若い芸術家の皆様方のお力をお借りして、実現したいと思っています。


※ビエンナーレ(biennale)とは、イタリア語の「2年に一度」「2年周期」の意味で、2年に1回開かれる美術展覧会のことです。

P1000431P1000432

katashimowinerykatashimowinery at 14:51│モブログ │

2014年09月07日

dd990be3.jpg
先日、西川きよしさんがテレビの取材でご来社下さいました。番組名は「西川きよしのおしゃべりあるき目です」 です。初めてやすきよの漫才を生で見たのは、今から43年前。大学の学園祭で、寒い小雨が降る中、傘もささずに運動場で立ったまま、やすきよさんの漫才を見たのを覚えています。約30分位の長さの漫才ですが、その迫力に圧倒され、面白さに圧倒され、雨も寒さも気にならなかったのが印象的でした。今あのような迫力のある、面白い漫才が何故ないのか、質問してみました。テレビでは、今は短い漫才しか出来ないからではないか。とのこと。やすきよ漫才のような漫才の復活を望みます。ところで、初めて西川きよしさんと長い時間お話しさせて頂いたのですが、ビックリするほど謙虚でご親切で礼儀 正しく、取材翌日にはわざわざご本人から、お礼のお電話まで頂きました。ビックリずくめで、あらためて勉強させて頂きました。


katashimowinerykatashimowinery at 16:26│モブログ │
6d6489ca.jpg
da97e91b.jpg
26315107.jpg
712667fd.jpg
2003年にカハラワイナリーが完成してはや11年、ずいぶんとぶどうの木も大きくなりました。今日はカハラレストランのオーナー森義文さんとスタッフの皆さん五人が収穫に来てくださいました。今年は雨が多く、また、日照時間が短い年回りで苦労しています。収穫は三回に分けて糖度と着色が良いぶどうから収穫しています。今年はどのようにワインを仕込むかが悩ましい年になりそうです。


katashimowinerykatashimowinery at 15:48│モブログ │

2014年08月25日

週末の雨はすごかったですね
収穫間近のメルローが心配で心配で、気が気じゃない週末を過ごしました

さて。
ネッツトヨタ 外環八尾店さまで、弊社のベリーAジュースをお客様への贈答品としてご利用いただいているそうです
そしてブログにも載せていただいています
ハイブリッド試乗フェア再び(ネッツトヨタ 八尾外環店様 ブログ)
ありがとうございます

担当:見習い

katashimowinerykatashimowinery at 09:26│

2014年08月19日

毎日暑い日が続いていますね。
お変わりなくお過ごしですか?

ワイナリーは大忙しです
今はひたすら大阪産デラウェアを搾っています。
おいしい新酒とたこシャンになりますように

さて。
片付けをしていたら、今は使っていない瓶が出てきました。
もしよかったらいりませんか?

20140819_瓶

左から
720ml ワイン瓶フロスト加工 6本
750ml スパークリングワイン瓶 1本
360ml スリム青瓶 8本
750ml 輸入瓶(型口が広く底が少し狭まっているオシャレな瓶)2本
375ml スパークリング瓶(ハーフサイズ)9本

もちろん無料です。
申し訳ございません、取りに来られる方限定です。
今月中は保管しています

ご連絡先
072-971-6334 カタシモワイナリー ビン係

担当:見習い
(そろそろ合名山のメルローも真っ黒。渋み、甘みともに乗ってきました。もう一息もう数日だけ雨が降りませんように。)

katashimowinerykatashimowinery at 09:16│

2014年06月30日

日本の農政と農業の現場を視察するためにはるばるアフリカのタンザニアから8人の視察団が来社されました。皆さんは、国を代表するトップばかりで、州知事、県知事、中小企業局長、農政局長、農政金融政策局長、産業政策局長等そうそうたるメンバーです。

20140625_畑での説明20140625_集合写真

弊社は今年100周年を迎え、その間時代と共に少しずつ変革し今に至ります。今なお苦労が続き、地域のブドウ畑は高齢化と後継者不足で毎年栽培出来なくなる畑が増えて困っています。ボランティアの皆さんや、地域のレストラン、地域企業との連携やご協力により少しずつ、ワイン用ブドウ畑も増えてきました。大阪の宝物とも言えるブドウ畑やワイン産業をこれからも、発展させないかんと頑張っています。このような現場がどのようにお役に立つのか分かりませんが皆さん熱心に見学してくださいました。ところで、一番人気のワインは、たこシャン、二番人気は、辛口赤ワイン、三番人気は、甘口の赤ワイン梅酒とブドウジュースでした。

20140625_タンザニアからの視察

katashimowinerykatashimowinery at 09:06│モブログ │

2014年06月16日

fbfeca92.jpg
BlogPaint
871d81ea.jpg
万博記念公園駅を18時30分に発車して門真駅を折り返し、大阪伊丹空港まで行き、また折り返して万博記念公園駅までの一時間半、その間、大阪ワイン六種類を楽しみながら夜景も楽しむ会が開催されました。大阪ワイナリー協会としても初めての経験でワクワクドキドキしながら参加してきました。ビックリしたのは、四両編成のモノレールが満員御礼で抽選になり大にぎわいなイベントになりました。本当にビックリしましたし、ワインの説明をお客様が熱心に聞いて頂いて、また多くの質問も頂き大盛り上がりのワイン会になりました。


katashimowinerykatashimowinery at 18:04│モブログ │

2014年06月06日

ビッグニュースです
なんと本日より、たこシャン250mlをピーチさんの機内でお楽しみいただけます

tako-cham-menu

夏メニューで取り上げていただけることになりました。
大阪・道頓堀の「『たこ昌(たこまさ)』さんのたこ焼(7個入)」(680円)も登場します
機内でもおいしく召し上がっていただくために、
いつものたこ焼よりもさらに旨味に改良を加えた手焼きの特別仕様だそうです
たこシャンにバッチリ

空の旅を楽しみながら、たこシャンでちょっぴり優雅な時間を
お楽しみいただけたら嬉しいです


担当:見習い
(ちなみに、たこシャンは無くなり次第終了ですのでお早めに。
夏メニューですので3か月間になります
夏休みの旅行のお供はたこシャンに決まりですね〜☆)

katashimowinerykatashimowinery at 12:00│

2014年05月28日

5月なのに、毎日暑いですね
ブログ更新が滞っていて申し訳ございません
おかげさまで忙しくさせていただいております

「今年は赤ワイン梅酒の梅、いただけないんですか?」
とのお問い合わせを本当にた〜くさんいただいております
楽しみにしてくださっている方がいらっしゃるなんて、物凄く嬉しいです。

ワイン漬けの立派な梅、良かったら取りに来られませんか?
いつも通り紀州南部の松下忠三郎さんの自慢の梅です
タッパー持参でお願いします。
もちろん無料です。

食べ方のヒント等がございますので、
よろしければ過去ブログもご覧ください

赤ワイン梅酒の梅、いりませんか?


お問い合わせ先 カタシモワインフード
電話 072-971-6334 
(勝手ながら土日祝はお休みをいただいております。)

担当:見習い
(この陽気にブドウが元気いっぱい畑作業が追い付きません
そんな中、11月16日(日)に開催予定の100周年記念イベントを練っています

katashimowinerykatashimowinery at 13:24│

2014年05月10日

おはようございます、醸造部の林 英達です。


4/6の苗木植樹会で皆さんに植えていただきました苗木。。。

IMAG0002_COVER


順調に成長してくれてます!!





そして遅ればせながら、4/27の「ワイン食堂」のメニューを紹介させていただきます。

image


鯛の松皮造りと春野菜のサラダ

image


単品のおつまみとして使えるほど、鯛の皮は旨味たっぷりなのです。

その皮を残したまま、軽く霜降りにした鯛のお造りをほんのり酸味をきかせたドレッシングで和えて、
サラダにしました。



桜海老と空豆、春キャベツ包み蒸し

image


「利果園」を瓶詰めする直前にテイスティングして、
真っ先に浮かびあがったイメージを、
そのままメニューにしました。


マスカットベリーA特有の、
まろやかな酸味と、ほのかに甘みのある果実の香りには、
魚介の風味がよく合います。

白身の魚を裏ごしして滑らかな食感にし、
生の桜海老と、蒸し焼きにした空豆を混ぜて練り、
甘みとほろ苦さを併せ持つ春キャベツで包み、
ゆっくり蒸しました。

ほのかに香る木樽に合うように、
仕上げにきのこのあんをかけました。


豚角煮 雪むろじゃがいものクリームソース

image


豚バラ肉を、赤ワインと醤油で
グツグツと沸き立たないような火加減でゆっくりと煮込みました。

冬の間、雪の中で貯蔵されて甘みの増したジャガイモのコクのあるまろやかなソースを、
添えました。



苺のグラタン

image


ちょっとした遊び心でつくったメニューです。

ベシャメルソースとチーズを使った料理が「グラタン」ではないのですよ、実は。。。

オーブン等を使って表面に焼き目をつけた料理、もしくはその調理法を「グラタン」と言うのです。

カスタードクリームのようなソースをつくり、苺を混ぜてオーブンで焼いた、
シンプルな一品です。

そして、いつもお世話になっている「パン処ちどり」さんには、
今回特別に苺の天然酵母で焼いたパンを用意してくれました。

image


ほのかに苺の香りがする春らしいパンでした。


今回、お越しいただきましたお客様、ありがとうございました。




今月の「ワイン食堂」はお休みさせていただく代わりに、
5/18(日)に柏原にあるフレンチレストラン「アントワーヌ」さんとのコラボ企画を開催します。

http://katashimo-winery.livedoor.biz/archives/8325509.html

若干、席に空きがありますので気軽にお問い合わせください。






katashimowinerykatashimowinery at 07:16│