2020年03月12日

ご無沙汰しています、醸造部の林 英達です。

この度の新型コロナウイルスによって影響を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

ワイナリーは今、暖冬によりぶどうの木たちのお目覚めが例年よりも早く、急ピッチで畑作業が進められています。
20200312_2
高井社長の「白ワイン飲んでたら病気ならんのや!」という、
科学的根拠のない精神論のおかげで(笑…マネしないで下さい)、
弊社スタッフは元気に過ごしています。

ですが最近、花粉症デビューした私は鼻水と格闘しながら畑作業に励んでいます。

そんな日本の国民病とも言われる花粉症に悩まされる方も多いと思います。

今回は、憂鬱な気分を変えるおすすめの飲み方を紹介します。

◯赤ワイン梅酒のモヒート
カタシモワイナリーの知る人ぞ知る隠れた人気商品「赤ワイン梅酒」に、清涼感のあるミントを加えたカクテル
http://www.kashiwara-wine.com/product/product_ume_720.html
20200312_1
【材料】
赤ワイン梅酒
炭酸水
ミントの葉 8〜10枚(お好みで)

.哀薀垢防垢肇潺鵐箸陵佞鯑れる
∪屮錺ぅ麈濕鬚斑沙誠紊1:1の割合でグラスに注いで混ぜる
スプーンなどでミントを軽く潰す
※ミントを潰しすぎると苦みが出るので注意!

ちなみに赤ワイン梅酒は、温めて飲むのもおすすめです。
3月は暖かいようで夜は冷えます。
そんな夜の寝酒にもホット赤ワイン梅酒、いかがですか?

\屮錺ぅ麈濕鬚鯊冉グラスに入れる
電子レンジのオートメニュー「酒」モード、もしくは500W 40〜50秒 加熱する

ぜひお試しください。

今日のブログ担当:
林英達(はやしえいたつ) 38歳
・所属:醸造部
・趣味:映画観賞(主にマーベル)
読書(伊坂幸太郎氏の作品が特に好き)

和食、ワインバー等の飲食店勤務を経て2012年入社
カタシモワイナリーの工場長として日々の業務に励みながら、
月に数日だけ営業するワイン居酒屋を営む。
↓↓
https://winenimeganee.amebaownd.com


katashimowinerykatashimowinery at 18:09│お知らせ | ワイン食堂

2019年11月13日

弊社105周年を迎え、11月17日(日)は今年でいよいよ6回目となる、おもろいやん🎵カタシモワイン祭りです。お天気はなんとか良さそうです。毎日、祭りの準備をしています。今年は異常気象もあり、段取りが上手く出来ず苦労しています。今回も多くの有名店が出店して下さいます。新しい有名店も参加下さいますのでご期待下さい。完熟してびっくりする程美味しくなったワイン用ぶどうのマスカットベーリーAもつまみ食いして頂けます。お待ちしています。

DSC_1296
DSC_1294
DSC_1293

katashimowinerykatashimowinery at 17:34│イベント情報 | モブログ

2019年09月22日

柏原市長が来てくださいました

DSC_1137

katashimowinerykatashimowinery at 14:13│モブログ │
今日は布施駅前で初めて開催される東大阪産業フェアに出店しています。今年、東大阪市でラグビー🏈ワールドカップ開催される記念行事です。近くにお越しの時は、是非一度見に来て下さいね😃。
たこシャンも有ります‼️

DSC_1132
DSC_1131

katashimowinerykatashimowinery at 09:43│イベント情報 | モブログ

2019年07月30日

いよいよ明日おさかなキッチンさんオープンです。皆様もご存知かと思いますが大阪伊丹空港にあるエヤーポートワイナリーさんがまたまた、今度は阪急電車神戸線三階のプラットホームにお魚に会うワインをテーマにしたキッチンをオープンさせます。凄くわくわくします。ワインとお魚は皆さんは合わせるのが難しいと思っておられる方が多いと思います。それは、ワインがお魚の臭みを引き立ててしまうからです。お魚は亜鉛や鉄分を多く含んでいるからです。ワインにお魚と同じように、亜鉛と鉄分を多く含んでいると、臭みが増幅させてしまうからです。しかし、ご安心下さい、日本のぶどうのワインはとってもお魚に合いますよ是非一度お試し下さいね

DSC_0942
DSC_0941
DSC_0945
DSC_0944

katashimowinerykatashimowinery at 21:00│モブログ │

2019年06月24日

92歳の現役ぶどうの匠、松本幹雄さんの畑に行ってきました。そこには、第二次世界大戦の時には既に在ったとゆうキャンベルアーリーの立派な木が今年もたわわに実を付けていました。どのぶどうを見ても、申し分のない素晴らしい形に仕上がっています。後は収穫の日まで病気にならないように、注意する必要があります。長年の積み重ねられた実力です。素晴らしいの一言です‼️何故、92歳までぶどうを育てられるのでしょうか⁉️ぶどう栽培が難しいくてやりがいが有るだけではなく、きっと多くのお客様が松本さんの美味しいぶどうを待っているからだと思いました。

20190624_1
20190624_2
20190624_3
20190624_4

katashimowinerykatashimowinery at 06:30│モブログ │

2019年05月01日

先日、Daiwaハウスグループが開発した大店舗多店型ショッピングセンターが八尾市曙川に一部先行して開店しました。
多くの専門店が軒を並べ多くのお客様を集めています。ショッピングセンターもずいぶん様変わりして、より専門化してきました。その中にスーパー万代さんが有ります。万代さんは生鮮食品に凄く力を入れていて、青果物は安くて新鮮さを売りにしていますし、お魚も舟ごと漁獲した物全てを買い取るなど色々面白い取り組みもされています。弊社のワインも地元の応援の思いをこめて特設展示販売して頂いています。是非一度見に来て下さいね☺️

DSC_0709
DSC_0706

katashimowinerykatashimowinery at 13:34│モブログ | お知らせ

2019年04月17日

昨年は、異常気象とも言える、4月の連休前の雨、7月、8月の日照り、台風20、21号と度重なる被害に見舞われ大きな損害が出ました。以前からもっと早い目に気象予報が分かり、ぶとう栽培との相関関係を勉強する必要があると考えていました。そんな中、大阪管区気象台から、協力して頂けると声を掛けて頂き、大阪府環境農林水産研究所のぶとうラボとの連携も始動しています。今日はわざわざ大阪管区気象台の台長様が視察に来られました。ぶとう栽培に役立つ研究が本格化しそうです。

20190416

katashimowinerykatashimowinery at 06:28│モブログ | カタシモワイナリーご来社

2019年04月16日

昨年は黒豆病で大きな被害があったにもかかわらず、今年はこれからと言うときに、早くも、🐛毛虫の大発生です。朝から毛虫取りやってます。ある程度は鳥さんが食べてくれますが、これだけ大発生するとさすがの🐦️鳥さんも無理です。発芽直前から既に芽の中心部の一番重要な所を食べています。かなりの被害が予想されます。もう情けないけど頑張らないといけません。

20190415_2

20190415_4

20190415_3

20190415_1

katashimowinerykatashimowinery at 05:58│モブログ | 栽培&製造

2019年04月12日

ぶどう栽培で重労働と言えば、草刈りと薬剤散布です。大阪のぶどう畑の殆んどは、山間部にあり、なかなか機械化ができません。ぶどうの発芽と共に草がどんどん伸びて作業が益々大変になってきます。以前からこの2つの作業をロボットにさせたいと思っていました。クボタさんから新発売されたラジコンの草刈り機第一号です。

kusakari

katashimowinerykatashimowinery at 14:51│モブログ | 栽培&製造